アルフレッサグループ人権方針

アルフレッサグループは「すべての人々が健康に暮らせる社会」の実現に向け取り組みを行っています。人権の尊重は、すべての人々が健康に暮らせる社会の基盤であるとの認識のもと、アルフレッサグループ理念体系、アルフレッサグループ サステナビリティ基本方針に基づき、アルフレッサグループ人権方針を定めました。
アルフレッサグループは、私たちの事業活動において影響を受けるすべての人々の人権を尊重し、自らの事業活動において人権への負の影響が発生した場合には、是正に向けて適切に対処していきます。また、ビジネスパートナー等との取引関係を通じて人権への負の影響を助長しないよう努めていきます。

1. 適用範囲

本方針は、アルフレッサグループのすべての役員と正社員・契約社員・パート社員・派遣社員等の全従業員に適用されます。また、ビジネスパートナー等に対して本方針に沿った人権尊重への理解と遵守を期待し、協働して人権尊重を推進することを目指していきます。

2. 国際規範の尊重

私たちは、「世界人権宣言」を含む国際人権章典、「労働における基本的原則及び権利に関する ILO (国際労働機関)宣言」「ビジネスと人権に関する指導原則」を尊重します。国際的に認められた人権と事業活動を行う国や地域の法令に矛盾がある場合は、法令を遵守しつつ、国際的に認められた人権の原則を尊重する方法を追求していきます。

3. 管理体制

アルフレッサグループの人権尊重については、アルフレッサ ホールディングス株式会社の取締役会が本方針の遵守とその取り組みを監督していきます。

4. 人権デュー・ディリジェンス

私たちは、自らの事業活動に関係する人権への負の影響を特定し、予防・軽減するために人権デュー・ディリジェンスを実施していきます。

5. 事業に関わる人権課題

差別について

私たちは、性別、年齢、障がいの有無、健康状態、思想、信条、性的指向や性自認、人種、民族、国籍、宗教、社会的身分、門地および職種や雇用形態の違い等に基づくあらゆる差別を行いません。

ハラスメントについて

私たちは、ハラスメント(または他人にハラスメントと受け取られるような言動)を行わず、ハラスメントのない働きやすい職場環境の維持に努めます。

労働時間・賃金について

私たちは、法令に従い従業員の労働時間、休日、休暇、賃金を適切に管理します。

結社の自由・団体交渉権について

私たちは、結社の自由と団体交渉権を尊重します。

強制労働・児童労働について

私たちは、強制労働、児童労働を認めることはなく、決して行いません。

労働安全衛生について

私たちは、安全で働きやすい職場環境を整え、労働災害を防止し、職場の活性化を図ります。

プライバシーについて

私たちは、個人情報を保護することは重要な社会的責務であると認識し、個人情報の保護に努めます。

医療アクセスについて

私たちは、医薬品等の安定供給に努め、医療アクセスの維持・向上に貢献していきます。

6. ステークホルダーとのエンゲージメント

私たちは、人権に関わる影響を適切に把握し、対応するため、関連するステークホルダーとの対話に努めます。

7. 苦情処理対応

私たちの事業活動に伴う人権への影響に対して、適切かつ効果的な対応を図るため、通報制度を含めた救済手続きの構築・改善に取り組んでいきます。

8. 是正・救済

私たちの事業活動が、人権に対する負の影響を引き起こしていたり、助長していることが明らかになった場合には、適切な救済措置を講じるよう努めていきます。

9. 教育・啓発

私たちは、役員・従業員に本方針が理解され、人権尊重に基づいた行動が実践されるように、継続的に教育・啓発を実施していきます。

10. 人権尊重の取り組みの報告

本方針に基づく人権の取り組みについては、当社ウェブサイトや各種報告書等を通じて定期的に報告していきます。

制定:2022年4月28日

アルフレッサ ホールディングス株式会社
代表取締役社長
荒川 隆治