アルフレッサ ホールディングス株式会社

マネジメント体制

コンプライアンス、リスクマネジメント体制

CSR推進委員会の下部の会議体としてコンプライアンス・リスクマネジメント会議を設置し、グループ全体のコンプライアンスおよびリスクマネジメントを推進しています。会議体はアルフレッサ ホールディングス株式会社の取締役副社長を議長として、アルフレッサ ホールディングス株式会社および、グループ各社の経営層から選定されたメンバーで構成し、年に2回定期的に開催しています。
また、当社およびグループ各社ではコンプライアンス・リスクマネジメント推進会議を定期的に開催し、コンプライアンスおよびリスクマネジメントの推進を図っています。

アルフレッサグループ
コンプライアンス・リスクマネジメント推進体制

コンプライアンスの基本的な考え方

コンプライアンスとは「役職員が、法令、社内外の諸規則および社会規範を遵守し、法的責任と社会から期待される倫理的な責任を主体的に果たすこと」と定めています。コンプライアンス違反はその程度により、就業規則で懲戒の規定を定めています。企業は法的責任や倫理的責任を負い、社会的信用を失えば事業基盤を揺るがす事態にもなりかねず、共に働く人々とその家族の生活の安定と幸せも危うくなります。共に働く人々がコンプライアンスの重要性を自分事として考え、アルフレッサグループの理念体系に掲げる「安心」「安全」「誠実」を常に意識して行動することが、社会から信頼される企業グループであり続けるために求められており、その行動が企業の価値創造につながっています。

コンプライアンス研修実施と啓発活動

共に働く人々の行動の基準となる考え方をまとめた、「コンプライアンスハンドブック」をグループの全役職員に配布し、浸透を図っています。グループ各社においてはコンプライアンス・リスクマネジメント会議に参加しているメンバーを起点として、様々な研修、教育を実施しています。

アルフレッサグループ
「コンプライアンスハンドブック」

コラム
新入社員を対象としたコンプライアンス研修[アルフレッサグループ]

研修風景

グループ各社の新入社員を対象に行う「アルフレッサグループ フレッシュメンバーズセミナー」では、毎年外部講師によるコンプライアンス講演を実施しています。コンプライアンスの考え方やインサイダー取引規制等の講演を聞き、グループに所属する一員として、社会的責任の理解とコンプライアンスに対する確かな知識の習得に努めています。

コラム
安全運転の取り組み[アルフレッサグループ]

営業、物流、配送等の各工程で多くの自動車を使用するアルフレッサグループでは、交通ルールを守り、安全運転に努めることが重要な使命です。当社グループでは、交通安全の取り組み強化をCSR活動の重要項目に掲げ、グループ全体で様々な施策に取り組んでいます。安全運転講習への参加や「アルフレッサグループ交通安全運動」の実施等のほか、テレマティクス等の運転監視装置を利用した安全運転指導や自動ブレーキ搭載車への切り替え促進など、グループ各社で交通安全の取り組みを強化しています。

  • テレマティクス
    通信機能やGPS機能を備えた車載機を利用し、車両の運行状況等をリアルタイムに提供する情報サービス

コンプライアンス相談窓口(内部通報制度)

法令・企業倫理に反する行為の早期発見または未然防止のため、共に働く人々が報告・相談できるコンプライアンス相談窓口を整備しています。
コンプライアンス相談窓口はグループ各社の社内のほか、アルフレッサ ホールディングス株式会社にグループ共通の相談窓口を設けており、グループ全体からの相談に幅広く対応しています。さらに、内部通報が集まりやすい環境を醸成するため、グループ各社に社外相談窓口を設置して運用しています。相談窓口では利用者のプライバシーなど、人権に配慮して秘密を保持するとともに、公益を目的とした通報者の権利を保護し、適切な対応を行っています。

アルフレッサグループ 内部通報体制

関連するCSRデータはこちらをご覧ください。(CSRデータ集)

腐敗防止への取り組み

当社グループでは、腐敗防止の徹底に取り組んでおり、コンプライアンスハンドブックで「公務員等への利益供与の禁止」の指針を示し、国内外において賄賂と誤解されるものを提供したり、受け取るように促したりすることなどを禁止しています。
また、諸外国で制定された腐敗防止法は、日本で行われた贈収賄行為についても適用されることがあり、医薬品メーカー等のお取引先様と密接な関係を持つ当社グループでは、その理解を深め正しい営業活動を行っています。
グループ各社では管理者や営業・配送担当者を中心に、腐敗防止の教育・研修を実施することで、腐敗防止の徹底を図っています。

関連するCSRデータはこちらをご覧ください。(CSRデータ集)

リスクマネジメントの基本的な考え方

当社グループではリスクを「会社の経営にマイナスの影響を及ぼす、または及ぼす可能性のある事象で、いつ顕在化するか分からないもの」と定めています。様々なリスクに対して適時・的確な管理・実践が可能となるように、平常時におけるリスクの予防を目的とした対応と、会社の経営に重大なマイナスの影響を及ぼす危機発生後の対応として、リスクマネジメントに取り組んでいます。
また、当社グループにおける投資案件の審議については、代表取締役の諮問機関である「事業投資委員会」を適宜開催するとともに、規程に基づき取締役会または業務執行会議へ諮っています。

危機管理

災害対策

東日本大震災や熊本地震の発生時の対策に加えて首都直下地震や南海トラフ巨大地震の政府被害想定見直しを踏まえて、大規模災害への対策を強化しています。
規程やマニュアルを更新し、環境・備蓄品の点検・確保に加え災害対策研修会を実施するなど、グル―プ共通の取り組みとして、グループ各社で災害発生に対応できるよう対策を重ねています。

災害訓練

グループ各社で安否確認システムを整備し、定期的に安否確認訓練を実施しています。
また、グループ全員の安否確認結果を、衛星電話を利用してグループ緊急連絡網にて伝達する訓練を毎年実施しています。

BCP(事業継続計画)の強化

当社グループでは大規模災害やパンデミックの発生に備えたBCP(事業継続計画)の強化に取り組んできました。医療用医薬品等卸売事業を担うグループ各社による被災時の支援体制を確立し、特定エリアの物流センターや支店が被災しても、ほかの拠点がそれぞれ補完して、必要な場所へ医薬品供給を継続できる体制を全国規模で整えています。
システム面では、共同利用基幹システムのバックアップを整備しています。万が一データセンターが被災しても、第二データセンターへシステム切り替えを行うようなディザスタリカバリー体制を確立しています。
また、被災時でも継続利用可能なメールシステムを導入し、有事の際のグループ内のコミュニケーション手段を確保しています。

  • ディザスタリカバリー
    被災したコンピューターシステムを速やかにバックアップシステムに切り替えること
アルフレッサグループの医療用医薬品等卸売事業のBCP(事業継続計画)

情報管理

当社グループは、高度な情報化社会に対応するため関連法規を遵守することはもとより、情報管理基本方針を定め、体制の整備や事業活動において保有する情報の適切な管理に努めています。

個人情報保護
当社グループは、個人情報を保護することが事業活動における重要な社会的責務であると認識し、アルフレッサグループ・プライバシーポリシーに基づいて個人情報の保護に努めています。

個人情報の取り扱いに関する詳細は、こちらをご覧ください。

情報セキュリティ対策の一層の強化

アルフレッサグループ向けの情報システムの運用・保守および開発を行うアルフレッサ システム株式会社では、ISMS認証(ISO/IEC27001)を取得し情報セキュリティ対策に積極的に取り組んでいます。グループ全体でのセキュリティ対策レベルの標準化と強化を進め、定期的な研修などにより情報セキュリティの啓発を図るほか、情報セキュリティ運用ルールの遵守状況確認のため、年2回全従業員へアンケート調査を行い、情報セキュリティ事故の未然防止に努めています。
また、災害に備えてディザスタリカバリーを確立しており、順次基幹システム以外の周辺システムを含めたディザスタリカバリーを確立しています。
情報システムの安全性を確保・維持していくため、情報セキュリティトレンドを注視し、万全の対応を図り、お客様満足度の一層の向上に努めていきます。

事業上のリスク

事業の状況に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項をとりまとめています。

事業上のリスクに関する詳細は、有価証券報告書をご覧ください。

コーポレートガバナンス

アルフレッサグループ理念体系に定めた「私たちの思い」「私たちのめざす姿」および「私たちの約束」の実現を通じて、ステークホルダーに対する責任を果たすため、コーポレートガバナンス体制の強化に取り組んでいます。

関連するCSRデータはこちらをご覧ください。(CSRデータ集)

コーポレートガバナンスの詳細は、こちらをご覧ください。