アルフレッサ ホールディングス株式会社

コーポレートガバナンス

基本的な考え方

  1. 当社グループは、生命・健康に関連する領域で事業を営む企業として、アルフレッサグループ理念体系を実践し、様々なステークホルダーに対する責任を果たすことを掲げている。こうした企業としての社会的責任を果たし、企業価値の向上をはかるために、コーポレートガバナンスの充実が基本であると考えている。当社は、今後もコーポレートガバナンス・コードの趣旨に沿った取り組みを推進し、一層の企業価値の向上に取り組む。
  2. 当社の持続的な成長および長期的な企業価値の向上を図る観点から、意思決定の透明性・公正性を確保するとともに、保有する経営資源を十分有効に活用し、迅速・果断な意思決定により経営の活力を増大させることがコーポレートガバナンスの要諦であると考え、次の基本的な考え方に沿って、コーポレートガバナンスの充実に取り組む。
    1. 株主の権利を尊重し、平等性を確保する。
    2. 株主を含むステークホルダーとの良好・円滑な関係を構築する。
    3. 会社情報を適切に開示し、透明性を確保する。
    4. 社外取締役・社外監査役を活用する仕組みを構築し、取締役会による業務執行の監督機能を実効性あるものにする。
    5. 財務報告の信頼性確保をはじめとした内部統制の体制を充実する。
    6. 中長期的な株主の利益と合致する投資方針を有する株主との間で建設的な対話を行う。

コーポレートガバナンスに係る当社グループの基本原則

アルフレッサグループ(以下「当社グループ」という)では、コーポレートガバナンスに係る基本原則として「コーポレートガバナンスガイドライン」を制定しております。
本ガイドラインは、「当社グループ」が、アルフレッサグループ理念体系に定めた「私たちの思い」「私たちのめざす姿」および「私たちの約束」の実現を通じて、安心・安全・誠実にお客様、お取引先様、共に働く人々、株主様、地域社会等のステークホルダーに対する責任を果たすため、一層の企業価値の向上を目的として制定いたしました。

コーポレートガバナンスガイドライン

コーポレートガバナンス体制

コーポレートガバナンス報告書

2017年6月27日提出