環境への取り組み

基本的な考え方

人々の健康に携わる事業活動を展開するアルフレッサグループにとって、環境保全は重要な課題であると認識しています。グループ理念の「私たちの約束」に基づき、医薬品等の製造、販売、廃棄に至るまでの段階において、環境負荷の低減に自主的かつ積極的に取り組んでいます。

アルフレッサグループ環境推進体制

当社グループでは、グループ全社による環境管理体制を構築し、グループ各社への環境教育の実施と、「地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)」および「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)」への対応を踏まえた、環境パフォーマンスデータを収集、把握し、環境保全活動を積極的に推進しています。

環境マネジメントシステム

製造事業の工場など一部の拠点においては、環境汚染の防止と環境保全に向け、ISO14001認証を取得し、環境マネジメントシステムの運用を行っています。環境保全の推進体制を整備し、計画的に取り組みを行っています。

ISO14001取得拠点

ISO14001

環境マネジメントシステムの
仕様(スペック)を定めた国際規格

サンノーバ(株)
アルフレッサ ファインケミカル(株)
明祥(株)東山事務所、新井事務所

環境負荷低減の取り組み

当社グループの主な環境負荷はオフィスや工場、物流センター等で使用される電力と、MS(マーケティング・スペシャリスト)や配送担当者が医療機関を訪問する際や薬をお届けする際に使用する車両の燃料であり、これらがグループ全体のエネルギー使用量の90%近くを占めています。

関連するESGデータはこちらをご覧ください。(ESGデータ集)

省エネ車両への切り替えとエコドライブ推進

当社グループでは、環境負荷低減に向け、軽自動車やハイブリッド車への切り替えなど、低燃費車の導入を推進するとともに、車両台数の適正化などにより減車を図っています。また、低燃費タイヤを指定した装着や「ふんわりアクセル」「定速走行」といったエコ安全ドライブを実施し、CO2排出量の低減とともに安全運転意識の向上に努めています。

節電の取り組み推進

使用電力量の把握と節電の意識付けを行うとともに、物流センターなどのLED化を進め、使用電力の低減に取り組んでいます。

廃棄物削減の取り組み

廃棄物削減のため、商品の梱包段ボールを専用の機械で圧縮し買取り業者へ引き渡すなど、リサイクル資源として再活用することに努め、廃棄物処理費用と環境負荷の低減の両面に寄与しています。

環境マネジメントシステム

製造事業の工場など一部の拠点においては、環境汚染の防止と環境保全に向け、ISO14001認証を取得し、環境マネジメントシステムの運用を行っています。現在は4拠点が取得しており、環境保全の推進体制を整備し、計画的に取り組みを行っています。