配当金・配当政策

配当政策

当社は、株主の皆様に対する利益の還元を重要政策のひとつと考えております。配当方針は、19-21中期経営計画より純資産配当率(DOE)2.3%以上としております。連結業績を基準に、財務体質の強化や経営基盤の安定性、および将来の事業展開等を総合的に考慮し、決定してまいります。

純資産配当率(Dividend On Equity=DOE)

配当金総額を純資産で除した数値で、株主からの出資金や事業を通じて得た利益の蓄積である純資産という「元手」に対し、どれだけの金額を配当という形で株主に還元しているかをみる経営指標です。純資産配当率は、当期純利益を純資産で除した「自己資本当期純利益率※」と、配当金総額を当期純利益※で除した「配当性向」を掛けて算出することもできます。(この計算における純資産とは、貸借対照表の純資産の部より非支配株主持分を除いたものです。)

※ 当期純利益(率)は、親会社株主に帰属する当期純利益(率)を掲載しております。